熊本相撲文化研究会は、相撲の歴史を通じて日本の伝統文化を研究し、日本の国技たる相撲と日本の伝統文化の正しいあり様を世に広く発信していこうという有志の集まりです
  • 相撲の歴史
  • 吉田司家署名運動資料
  • 吉田司家とは

NPO法人 熊本相撲文化研究会とは

古の風を追う

「礼に始まり礼に終わる」

農耕民族である我々日本人が、神に五穀豊穣を祈り感謝をし、その心を奉納するという儀礼の儀式として行われてきた相撲。
相撲が他のスポーツと根源において大きく相違する点は、神事として発展し今日なおその伝統を受け継いでいることにあります。

NPO法人 熊本相撲文化研究会は、相撲の歴史を通じて日本の伝統文化を研究し、日本の国技たる相撲と日本の伝統文化の正しいあり様を世に広く発信していこうという有志の集まりです。

相撲が日本特有の文化として発展してきた事を考え、皆様を対象に相撲の故実史の調査研究や情報発信などに関する事業を行い、熊本が関わってきた相撲の文化を誇れる社会造りに寄与する事を目的としています。

最近の更新

本日12月1日読売新聞朝刊に吉田司家の記事が掲載

2016年12月1日の読売新聞朝刊スポーツ欄の23面に、吉田司家の記事が大々的に掲載されました。これを機に全国の皆様に吉田司家を今まで以上に理解していただければと願います。

吉田司家へ読売新聞社の取材がありました

吉田司家と日本相撲協会連携回復にご協力ください

熊本相撲文化研究会では、相撲の宗家である吉田司家と日本相撲協会の連携回復を求め署名運動を行っております。是非皆様のご協力をお願い申し上げます。

第二十三代追風

吉田司家新年会

2月12日に、熊本阿蘇のホテルサンクラウン大阿蘇にて吉田司家の新年会が行われました。

熊本相撲文化研究会サイトを作成しました

熊本相撲文化研究会は、国技の歴史継承と発展の為に、吉田司家と日本相撲協会の連携回復を求めます。絶やしてはならない歴史を守り伝え、未来に残す為、日本の国技である相撲の更なる発展の為に、皆様のご署名のご協力をお願いいたします。

熊本相撲文化研究会
PAGETOP
Copyright © NPO法人 熊本相撲文化研究会 All Rights Reserved.